beat お客様サポート > 機能・サービス紹介 > まもる(セキュリティー機能) > 迷惑メール判定機能

迷惑メール判定機能

beat-boxが受信するメールを自動で判定し、迷惑メールと判定されたメールは Subject(件名)欄に特定の文字列が挿入されます。

クライアントPCで利用するメーラー(メールソフト)で振り分け設定することで、迷惑メールと業務上必要なメールの振り分けを自動化することが可能になり、業務効率の低下を防ぎます。

迷惑メール判定機能の活用イメージ

たとえばこんなお悩みに…
beatの "迷惑メール判定機能" のご活用で解決します!

たとえばこんなお悩みに…beatの

迷惑メール判定機能 概要図 beat 迷惑メール判定機能 概要図

beatなら迷惑メールの判定状況をわかりやすいレポーティング画面で把握できます!

「レポート(迷惑メール判定状況)」画面 「レポート(迷惑メール判定状況)」画面

実際のレポート画面をもとに迷惑メール判定状況について説明いたします。
判定状況のサマリーは、左図の「レポート(迷惑メール判定状況)」画面で把握することができます。
全メール総数に対する迷惑メールの比率が、6割以上となっており非常に多い状態です。
では、誰に迷惑メールが届いているのかを把握するため、詳細を表示させてみましょう。

「レポート詳細(メールアドレス別判定状況)」画面 「レポート詳細(メールアドレス別判定状況)」画面

左図の「レポート詳細(メールアドレス別判定状況)」をご覧ください。
特定のアドレスに迷惑メールが集中しています。
特定の方のPCがセキュリティーホールになる可能性があるため、いつから迷惑メールが多くなったかを確認し、原因を追及する必要があります。
迷惑メールはウイルス・スパイウェアに感染したり、不正なサイトへ誘導されたりなどの危険性があります。
beatの迷惑メール判定機能により、これらのリスクからお客様のネットワークを守ります。

この機能の対応状況

ご契約プラン basic entry entryサービスplus active
対応状況 ○ ○ ○ ○

beatの迷惑メール判定機能の特徴

迷惑メール対策もbeatでワンストップ対応!

迷惑メール対策もbeatでワンストップ対応!

beat サービスが標準で提供する「迷惑メール判定機能」により、メールチェックや不要メール削除による業務効率低下を防ぎ、フィッシングなどのセキュリティーリスクを低減します。
迷惑メールと判定された場合、メールのSubject欄(件名)に特定の文字列が追加されます。利用者はメーラーの振り分け設定をすることで無駄な仕分け作業などがなくなり業務効率化が図れます。

beatサービスでセキュリティーリスクも可視化!

beatサービスでセキュリティーリスクも可視化!

beat設定画面のレポーティングページから迷惑メールの件数はもちろんのこと、個人のメールアドレス別に件数を把握できるため、セキュリティーリスクの可視化ができます。

設定は「有効」を選択するだけ!難しい設定は必要ありません!

設定は「有効」を選択するだけ!難しい設定は必要ありません!

迷惑メール対策の設定は、beatの設定画面から「有効」を選択するだけです。
煩わしい手続きや難しい設定は必要はありません。今すぐ利用できます。

さらに操作方法などがわからない場合は、beat コンタクトセンターがサポートするため安心してご利用できます。

beatの迷惑メール判定機能の活用事例

人材派遣 部長 50代

東証一部上場を目指し、セキュリティー強化を実現!

101~300人 サービス業人材派遣 部長 50代

東証一部上場を目指している一環で、ネットワークのセキュリティー強化を図る必要があった。
現在もセキュリティー対策をしているもののポートを開けて通信することなどもあり、セキュリティー上問題があった。そこでbeatを導入し、強固なセキュリティーのVPNを再構築。また、人材派遣という業種柄、個人情報をたくさん保有しているため、情報漏えい対策のひとつとしてbeatの標準機能である「迷惑メール判定機能」を活用しメールフィルタリングを実現。これにより悪質なメールを開くリスクを低減し、安心・安全なネットワーク環境を構築できた。

beatの迷惑メール判定機能の料金について

beatの「迷惑メール判定機能」は、標準機能で提供しています。ぜひご活用ください。

機能・サービス名 対応サービス
basic entry entryサービスplus active
初期料金 0円/件 0円/件 0円/件 0円/件
月額料金 0円/月 0円/月 0円/月 0円/月

beatの迷惑メール判定機能サービス仕様

beatの迷惑メール判定機能サービス仕様

項目 内容
仕様
  • 自動判定機能 : 米国Cloudmark社のエンジンを搭載
  • 迷惑リストおよび許可リスト判定機能
  • レポート表示機能

ご不明な点は、beat コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

beat コンタクトセンター