beat お客様サポート > 機能・サービス紹介 > つなぐ(通信インフラ機能) > リモートアクセス・モバイル活用 > beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービス

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービス

外出先などからモバイルPCやスマート端末でオフィスのLANにアクセスでき、メールの確認やファイル閲覧など、情報資源を効率的に活用できます。

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの活用イメージ

たとえばこんなお悩みに…
beatの "beat リモートアクセスサービス" のご活用で解決します!

たとえばこんなお悩みに…beatの "beat リモートアクセスサービス" のご活用で解決します!

beat リモートアクセスサービス 概要図 beat リモートアクセスサービス 概要図

この機能の対応状況

ご契約プラン basic entry entryサービスplus active
対応状況 △(オプション) △(オプション) △(オプション) △(オプション)

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの特徴

いつでもどこでもその場がオフィスに!

いつでもどこでもその場がオフィスに!

ノートPC、タブレット型端末、スマートフォンなどを活用して、外出先や出張先から社内ネットワークに暗号化通信で接続し、ファイルサーバーや業務システムなどを利用することができます。
場所や時間に制約されずに情報資産を活用することで、業務の効率化が図れます。注1

  • 注1 「beat/entry リモートアクセスサービス」はタブレット型端末、スマートフォンでの利用はできません。

高い安全性により情報漏えいリスクを軽減!

高い安全性により情報漏えいリスクを軽減!

独自の認証技術とbeat-boxの強固なファイアーフォールにより、情報漏えい対策に不可欠な、なりすましや不正アクセスを防止。
また、接続元のクライアントにはパスワードを特定する情報が記録されず、盗難・紛失時も不正利用を防止。

モバイルワーク環境を低コストで構築!

モバイルワーク環境を低コストで構築!

「beat リモートアクセスサービス」は固定グローバルIPアドレスや専用回線の敷設は必要ありません。beatサービスの契約に3,000円/月プラスするだけで、100人まで利用可能。(beat/entry リモートアクセスサービスの場合は2,400円/月)
また、beat 利用者追加サービス(1,500円/月[10人単位])を申し込みいただくことで、最大500人まで利用可能。(beat/entryサービス・entryサービスplusの場合は、最大100名まで利用可能)

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの活用事例

エレベータ・エスカレータ保守 社長 50代

リモートアクセスの導入により現場作業員の生産性が向上

101~300人 建設業エレベータ・エスカレータ保守 社長 50代

エレベータ・エスカレータが設置されている現場で保守を行い、緊急性を要するケースが多いため、現場でリアルタイムに情報を参照できるネットワーク環境の構築が必要だった。顧客DB、故障履歴、各メーカのエレベータ情報、作業日報などが現場で確認・入力できる環境が整ったことにより、業務効率が高まり生産性が格段に向上した。

ガラス・サッシの卸販売 業務部 部長 40代

出張先の社員のみならず、経営者も含めた業務効率化に伴い売上増

51~100人 卸・小売業ガラス・サッシの卸販売 業務部 部長 40代

ガラスを中心にサッシ、外装材など、店舗や住宅に関わる商材を幅広く扱っているが、商材が増えるにつれて販売エリアも拡大し、営業マンの出張が多くなった。そのため、出張先から取引先とのメール送受信や社員の情報共有として定着しているサイボウズにアクセスできるようにしてほしいとの要望があがるようになった。「beat リモートアクセスサービス」を導入することで、出張先から社内へのアクセスが可能になり、出張先の社員だけでなく、社長、副社長の自宅からも業務を行うことができ、営業業務の生産性向上はもちろんのこと、経営判断のスピード化により、営業効率が高まり売上が増加した。

アパレル業 管理部 課長 30代

接客効率を高め、顧客満足度向上に加え、売上増加も実現!

51~100人 小売業アパレル業 管理部 課長 30代

洋服やアクセサリーを販売している店舗で、お客様より商品の在庫状況を求められるケースが多々ある。その都度、バックヤードにあるPCで在庫状況を確認したり、各店舗に電話で問い合わせるなど、お客様をお待たせすることが常だった。結果、購入意欲が減退するケースもあり、売上低下の要因にもなっていた。改善を図るため、販売員にタブレット端末を配布し、リモートアクセスで本社のサーバーに接続できる環境を整えることで、バックヤードへの移動が不要、且つ、素早い対応が可能になり、販売効率が向上した。顧客満足度向上に加え、売上増加にもつながった。

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの料金について

この機能は、月額費用のみでご利用いただくことが可能です。ぜひご活用ください。

機能・サービス名 対応サービス
basic entry entryサービスplus active
初期料金 0円/件 0円/件 0円/件 0円/件
月額料金 基本オプション 3,000円/月 2,400円/月 2,400円/月 3,000円/月
beat利用者追加サービス
(10利用者単位)
1,500円/月 1,500円/月 1,500円/月 1,500円/月

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの仕様

beat リモートアクセスサービス・beat/entry リモートアクセスサービスの仕様

項目 内容
リモートアクセス権最大数 beat-box利用者数の上限による
同時接続数上限 最大50(beat/entryサービス・entryサービスplusの場合は、最大20)
最大連続接続時間 最大24時間注1
利用者ごとの最大利用可能数 最大2(ただし、同一利用者による同時2接続は不可)
端末側での使用可能回線 ダイアルアップ回線、ブロードバンド回線、専用線
接続方式 OpenVPNもしくはL2TP/Ipsec
端末側での使用可能通信条件
  • TCP通信が内から外へ開いていること
  • ネットワークアドレスがbeat-box側と異なること
  • ルーターを介す場合には接続方式に対応したVPNパススルー機能を持つこと注2
対応OS
対応OS一覧表
beat-box側での利用条件 beat-boxにグローバルIPアドレスが割り当てられていること
暗号方式 OpenVPNの場合:AES
L2TP/IPSecの場合:AES/3DES
不正利用防止方式
  • 特定PC以外での利用防止機構
  • IDおよびパスワードによる利用者認証
  • パスワードアタック防止機構、特定の接続の切断機能
  • 接続元IPアドレス履歴機構(接続元IPアドレスを含む)
リモートアクセス権追加方式 beat-box責任者による手動
リモートアクセス権有効期間 最長100日
接続管理 現在の接続一覧および特定利用者の接続を強制切断
beat-boxとの通信 可能
beat-box配下のLAN上のホストとの通信 設定により可能(通常は設定不要)
複数拠点接続時の他のbeat-boxとの通信 設定により可能
beat-box配下からの通信 可能
  • 注1 WindowsおよびMacでは3時間毎に接続継続確認あり
    (WindowsおよびMacは設定により1時間毎または9時間毎に変更可能)
  • 注2 VPNパススルーの名称は製品によって異なる場合があります。

つなぐ(通信インフラ機能)

つなぐ(通信インフラ機能)

ビジネスや業務環境の変化に合わせて拡張性の高いネットワークを提供します。

ご不明な点は、beat コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

beat コンタクトセンター